吸着冷凍機

開放特許情報番号
L2022001085
開放特許情報登録日
2022/8/5
最新更新日
2022/8/5

基本情報

出願番号 特願2014-522643
出願日 2013/6/25
出願人 国立大学法人東京農工大学
公開番号 WO2014/003013
公開日 2014/1/3
登録番号 特許第6004381号
特許権者 国立大学法人東京農工大学
発明の名称 吸着冷凍機
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 吸着冷凍機
目的 装置全体の体積の増加を抑えつつ、高い冷却能力を実現する、吸着冷凍機を提供する。
効果 装置全体の体積の増加を抑えつつ、高い冷却能力を実現する、吸着冷凍機を提供できる。
技術概要
減圧雰囲気で冷媒を蒸発させて気化させることで冷熱を発生させる蒸発器と、
気化された冷媒を吸着する吸着剤と、吸着剤を温めると共に冷やす吸脱着ラジエータを内包する第一下層吸着反応器と、
第二下層吸着反応器と、
気化された冷媒を交互に受け取る吸着剤と、吸着剤を温めると共に冷やす吸脱着ラジエータを内包する第一上層吸着反応器と、
気化された冷媒を減圧雰囲気で冷却させて凝縮させて、液化した冷媒を蒸発器に供給する凝縮器と、
複数の開閉弁と、
第一上層吸着反応器の吸脱着ラジエータに吸着剤を温めると共に冷やすための第一冷温切替弁と、
第一下層吸着反応器と第二下層吸着反応器の夫々の吸脱着ラジエータに吸着剤を温めると共に冷やすための第二冷温切替弁と、
複数の開閉弁の開閉状態及び第一冷温切替弁と第二冷温切替弁を制御すると共に、第一の時点で、第一下層吸着反応器と第二下層吸着反応器のうちの一方を冷やして他方を温め、かつ第一上層吸着反応器を冷やし、第二の時点で、第一下層吸着反応器と第二下層吸着反応器のうちの一方を冷やした状態を継続しつつ他方を冷やし、かつ第一上層吸着反応器を温めるシーケンス制御を行う、制御部と
を具備する吸着冷凍機。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 国立大学法人東京農工大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT