High Resolution Melting(HRM)解析によるマグロ類の遺伝的性判別方法

開放特許情報番号
L2022001052
開放特許情報登録日
2022/7/15
最新更新日
2022/7/15

基本情報

出願番号 特願2019-091357
出願日 2019/5/14
出願人 国立研究開発法人水産研究・教育機構
公開番号 特開2020-184917
公開日 2020/11/19
発明の名称 High Resolution Melting(HRM)解析によるマグロ類の遺伝的性判別方法
技術分野 食品・バイオ
機能 検査・検出
適用製品 HighResolutionMelting(HRM)解析によるマグロ類の遺伝的性判別方法
目的 性判別の精度が高く、かつ、多検体を効率的に処理できるマグロ類の遺伝的性判別方法を提供する。
効果 HRM解析によるマグロ類の遺伝的性判別方法、当該方法に利用するプローブ、プライマー及びキットが提供される。電気泳動の必要がないため、PCRと増幅産物の電気泳動を要する従来技術と比較して、性判別の精度を損なうことなく、短時間で効率的に多検体を処理できる。また、PCRと融解曲線の作成を含む一連の操作をリアルタイムPCR装置のみで連続的に行えるため、作業工程の簡略化や工程間のコンタミネーション(汚染)の回避が可能である。
技術概要
DNA多型からなる群から選択される1以上のDNA多型を検出することができる性判別用プローブと、前記性判別用プローブが検出するDNA多型が位置する塩基を含むDNA断片を増幅することができる雌雄共通プライマーセットを用いてHighResolutionMelting(HRM)解析を行うことを特徴とする、マグロ類の性判別方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT