パンタアーム構造式足場台

開放特許情報番号
L2022001000
開放特許情報登録日
2022/6/29
最新更新日
2022/7/29

基本情報

出願番号 特願2020-159401
出願日 2020/9/24
出願人 岡本 應守
公開番号 特開2022-052889
公開日 2022/4/5
登録番号 特許第7079919号
特許権者 岡本 應守
発明の名称 パンタアーム構造式足場台
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 パンタアーム構造式足場台
目的 従来の足場台組立作業と比較して、着脱分解分離する足場部材数が少なく、簡易的に運搬、組立施工・解体撤去作業が可能であるために、建設作業現場での人員の肉体的な負担や作業時間、工程数等が削減され、かつ人的ミスによる人身事故の発生が削減できるパンタアーム構造式足場台を提供する。
効果 建設作業現場においては、短時間で組立施工及び解体撤去作業が行うことができる。
肉体的な負担、作業時間、工程数等が削減され、職場環境が改善されて、人員の定着率の向上が期待できる。肉体的な負担について、従来に比べて削減できる。
足場部材等の落下等による事故の発生について、着脱部品数の減少や人員の負担軽減から来る職場環境改善に伴い、撲滅できる。
職場環境が改善され、工事全体の工期短縮や安全対策に伴うコストの低下が期待できる。
足場台の組立施工並びに解体撤去に伴う全工程数が大幅に削減できる。
技術概要
足場台部分毎にパンタアームが既設されて、前記パンタアーム自体が格納及び伸縮運動することで、前記足場台部分が昇降するパンタアーム構造式足場台であり、前記パンタアームが格納及び伸縮運動することに使用する着脱可能な油圧シリンダーを備えると共に、組立時に前記足場台部分を固定する格納式上下分離支柱と、前記格納式上下分離支柱や前記パンタアームの支点同士をも固定して手摺の役割も兼用する着脱可能な格納式真直棒部材と、前記足場台部分が昇降するのに併せて階層毎の側面部を覆う着脱可能な吊り上げ式の垂直養生シートと、前記足場台部分自体を含むパンタアーム構造式足場台自体同士が連結着脱するために必要な付属の固定金具と、前記パンタアーム構造式足場台自体を積載運搬移動するために必要な付属の着脱可能な移動台車からなっていることを特徴とするパンタアーム構造式足場台。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 岡本 應守

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT