紐結び装置

開放特許情報番号
L2022000997
開放特許情報登録日
2022/6/29
最新更新日
2022/6/29

基本情報

出願番号 特願2019-091280
出願日 2019/5/14
出願人 株式会社サタケ
公開番号 特開2020-186027
公開日 2020/11/19
発明の名称 紐結び装置
技術分野 機械・加工、生活・文化
機能 食品・飲料の製造
適用製品 紐を結ぶための紐結び装置
目的 簡素な構成で紐を結ぶことができる紐結び装置を提供することを目的とする。
効果 本発明の紐結び装置によれば、簡単な構成で米袋等の紐を結ぶことができる。また、より多くの種類の結び方(例えば、本結びや外科結び)で紐を結ぶことができる。加えて、紐結び動作の時間を短縮することができる。
技術概要
本発明の紐結び装置は、
螺旋状に延在する第1の螺旋アーム部と、
第1の螺旋アーム部によって画成される螺旋状の第1の隙間と、
第1の螺旋アーム部の先端側に設けられた、紐を保持するための第1の保持部と、を有する第1のアームと;
螺旋状に延在する第2の螺旋アーム部と、
第2の螺旋アーム部によって画成される螺旋状の第2の隙間と、
第2の螺旋アーム部の先端側に設けられた、紐を保持するための第2の保持部と、を有し、
第1のアームと同軸に配置される第2のアームと;
第1のアームおよび第2のアームを、第1のアームおよび第2のアームの軸線を中心として、互いに逆方向に回転させながら、互いに近づく方向および互いに離間する方向に移動させるアクチュエータとを備えている。
アクチュエータは、第1のアームおよび第2のアームを、第1の螺旋アーム部が第2の隙間に挿入され、かつ、第2の螺旋アーム部が第1の隙間に挿入された第1の相補位置と、第1の螺旋アーム部が第2の隙間に挿入されておらず、かつ、第2の螺旋アーム部が第1の隙間に挿入されていない第1の離間位置と、の間で移動させることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 非独占的通常実施権

アピール情報

アピール内容 簡素な構成で米袋の紐を結ぶことが可能な装置。螺旋状のアームを回転させることで紐を結ぶもの。

登録者情報

登録者名称 株式会社サタケ

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT