情報通信プログラム、情報通信装置および情報通信方法

開放特許情報番号
L2022000823
開放特許情報登録日
2022/6/1
最新更新日
2022/6/1

基本情報

出願番号 特願2013-271469
出願日 2013/12/27
出願人 富士通フロンテック株式会社
公開番号 特開2015-125700
公開日 2015/7/6
登録番号 特許第6055401号
特許権者 富士通フロンテック株式会社
発明の名称 情報通信プログラム、情報通信装置および情報通信方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 情報通信プログラム、情報通信装置および情報通信方法
目的 複数のサーバの中に接続することができないサーバがあっても、オペレータを待たせることがないようにする情報通信プログラム、情報通信装置および情報通信方法を提供する。
効果 検索依頼に対するサーバの応答で該当する取引情報がなく、かつ、未接続のサーバがあるときに、接続処理中を通知するので、現時点での検索結果が即時に分かるという利点がある。検索依頼実行時に、未接続のサーバに対する再接続の試行等を一切行わないため、その分、オペレータは、長時間待たされることなく現状の検索結果を即時に確認することができるようになる。
技術概要
コンピュータに、
すべてのサーバとの接続状態を定期的にチェックして記憶し、
状態が未接続のサーバに対し再接続を試行して記憶した前記接続状態を更新し、
取引情報の検索を受け付けたときに、前記接続状態を参照して接続中のサーバに対して検索を依頼し、
接続中のサーバからの応答に該当する取引情報があるとき、当該取引情報を表示し、該当する取引情報がなく、かつ、未接続のサーバがないとき、該当データなしの情報を表示し、または、該当する取引情報がなく、かつ、未接続のサーバがあるとき、接続処理中を表す情報を表示する、
処理を実行させることを特徴とする情報通信プログラム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT