自動取引装置、撮影方法、および撮影プログラム

開放特許情報番号
L2022000822
開放特許情報登録日
2022/6/1
最新更新日
2022/6/1

基本情報

出願番号 特願2013-269476
出願日 2013/12/26
出願人 富士通フロンテック株式会社
公開番号 特開2015-125589
公開日 2015/7/6
登録番号 特許第5993362号
特許権者 富士通フロンテック株式会社
発明の名称 自動取引装置、撮影方法、および撮影プログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 自動取引装置、撮影方法、および撮影プログラム
目的 自動取引装置にかかる負担を抑制しながら、防犯対策として有効な画像を撮影可能な自動取引装置の提供。
効果 自動取引装置にかかる負担を抑制しながら、防犯対策として有効な画像を撮影できる。
技術概要
他の自動取引装置から撮影依頼を受付ける受付部と、
受付けた前記撮影依頼に基づいて所定のタイミングで撮影を行う撮影部と、を備える、ことを特徴とする自動取引装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT