画像処理装置、画像処理方法、画像処理プログラム及び記録媒体

開放特許情報番号
L2022000790
開放特許情報登録日
2022/6/6
最新更新日
2022/6/6

基本情報

出願番号 特願2014-544608
出願日 2013/11/1
出願人 株式会社モルフォ
公開番号 WO2014/069632
公開日 2014/5/8
登録番号 特許第5906493号
特許権者 株式会社モルフォ
発明の名称 画像処理装置、画像処理方法、画像処理プログラム及び記録媒体
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 画像処理装置、画像処理方法、画像処理プログラム及び記録媒体
目的 フレーム画像から切り取るべき領域を簡易かつ適切に決定するとともに、手振れ補正等の補正フィルタの設計が簡易となる画像処理装置、画像処理方法、画像処理プログラム及び記録媒体が望まれている課題を解決する。
効果 フレーム画像から切り取るべき領域を簡易かつ適切に決定するとともに、手振れ補正等の補正フィルタの設計が簡易となる画像処理装置、画像処理方法、画像処理プログラム及び記録媒体が提供される。
技術概要
撮像装置によって撮像されたフレーム画像内にフレーム画像よりも小さい大きさの領域を設定し、撮像装置の動きに応じて領域の位置又は形状を補正して出力フレーム画像を生成する画像処理装置であって、
入力部と、
動き取得部と、
行列演算部と、
描画部と、
を備え、
行列演算部は、
動きデータを用いて、射影行列の第1行列を算出する第1算出部と、
出力フレーム画像を第1フレーム画像へ射影させる既知の射影行列と動きデータとを用いて算出された行列である仮第2行列に、前回以前の処理にて導出された過去の第2行列から導出されたフィルタを適用して、射影行列の第2行列を算出する第
2算出部と、
第1フレーム画像及び第2フレーム画像の、ローリングシャッタ歪みの低減された系における射影行列が、仮第2行列と、残りの動きを表す仮補助行列とで表現されるとし、ローリングシャッタ歪みの低減された系における射影行列と仮第2行列とを用いて導出された仮補助行列に、前回以前の処理にて導出された過去の補助行列から導出されたフィルタを適用して、射影行列の補助行列を算出する補助行列算出部と、
を有する、
画像処理装置。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社モルフォ

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT