サツマイモ基腐病菌を検出するための核酸、プライマーセット、キットおよび方法

開放特許情報番号
L2022000733
開放特許情報登録日
2022/5/18
最新更新日
2022/5/18

基本情報

出願番号 特願2020-140356
出願日 2020/8/21
出願人 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2022-035797
公開日 2022/3/4
発明の名称 サツマイモ基腐病菌を検出するための核酸、プライマーセット、キットおよび方法
技術分野 食品・バイオ
機能 検査・検出
適用製品 ディアポルテ・デストルエンスを特異的に検出するための核酸、プライマーセット、キットおよび検出方法
目的 サツマイモ基腐病菌であるディアポルテ・デストルエンス(Diaporthe destruens)をより特異的に検出することができる核酸、プライマーセット、キットおよび方法を提供する。
効果 サツマイモ基腐病菌を特異的かつ定量的に検出することができる。したがって、腐敗症状を呈しているかんしょに対して、サツマイモ基腐病かどうかの診断を正確に行うことができる。
技術概要
下記(1)〜(2)のいずれかである、核酸:
(1)配列番号2で表される塩基配列に含まれる連続した10塩基以上の塩基配列であって、配列番号2の塩基番号12〜18からなる群より選択される少なくとも1つの塩基を含む塩基配列もしくはその相補配列を含む、核酸;または
(2)配列番号3で表される塩基配列に含まれる連続した10塩基以上の塩基配列であって、配列番号3の塩基番号5、13および23からなる群より選択される少なくとも1つの塩基を含む塩基配列もしくはその相補配列を含む、核酸。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT