推論器、推論方法およびプログラム

開放特許情報番号
L2022000713
開放特許情報登録日
2022/5/16
最新更新日
2022/5/16

基本情報

出願番号 特願2020-104589
出願日 2020/6/17
出願人 国立研究開発法人情報通信研究機構
公開番号 特開2021-197015
公開日 2021/12/27
発明の名称 推論器、推論方法およびプログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 機械翻訳に向けられた推論器、推論方法、学習方法、およびプログラム
目的 センテンスに含まれるワードの重要度を考慮して、推論性能を高める新たな技術を提供する。
効果 センテンスに含まれるワードの重要度を考慮して、推論性能を高めることができる。
技術概要
ソースセンテンスからターゲットセンテンスを推論するためのニューラル機械翻訳モデルと、
前記ソースセンテンスまたは前記ターゲットセンテンスに含まれるワードの重要度の情報を抽出する識別モジュールとを備え、
前記ニューラル機械翻訳モデルは、前記抽出されたワードの重要度の情報を用いて学習されている、推論器。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT