脈波信号の解析装置、脈波信号の解析方法およびコンピュータプログラム

開放特許情報番号
L2022000701
開放特許情報登録日
2022/5/11
最新更新日
2022/5/11

基本情報

出願番号 特願2020-530018
出願日 2019/5/24
出願人 国立大学法人 香川大学
公開番号 WO2020/012793
公開日 2020/1/16
発明の名称 脈波信号の解析装置、脈波信号の解析方法およびコンピュータプログラム
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造
適用製品 脈波信号の解析装置、脈波信号の解析方法およびコンピュータプログラム
目的 簡易な方法で精度よく心房細動の状態を判定することができる脈波信号の解析装置、脈波信号の解析方法およびコンピュータプログラムを提供する。
効果 簡易に心房細動の状態を検出することができる。
また、簡易な方法で心房細動の状態を検出することができるため、繰り返し検査を行うことにより、発作性心房細動を発見する確率が向上する。
さらに、圧脈波を用いて脈波信号を検出することで、血圧計を用いて短時間で信頼度の高いデータを得ることができる。
技術概要
生体の心拍に応じて脈波信号を非観血的に検出する信号検出手段と、
前記信号検出手段により検出された脈波信号をフーリエ変換して周波数スペクトルを生成する生成手段と、
前記生成手段により生成された周波数スペクトルに基づいて心房細動の状態を検出する解析手段と
を備え、
前記生成手段は、前記脈波信号の所定のフレーム時間のフーリエ変換を、0.005秒〜0.02秒の範囲でずらしながら繰り返して演算する脈波信号の解析装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2022 INPIT