前脳型興奮性神経細胞の製造方法

開放特許情報番号
L2022000618
開放特許情報登録日
2022/4/25
最新更新日
2022/4/25

基本情報

出願番号 特願2020-539593
出願日 2019/8/29
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 WO2020/045578
公開日 2020/3/5
発明の名称 前脳型興奮性神経細胞の製造方法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 前脳型興奮性神経細胞の製造方法
目的 成熟した機能的な神経細胞を製造する技術を提供する。
効果 成熟した機能的な神経細胞を製造する技術を提供することができる。
技術概要
前脳型興奮性神経細胞の製造方法であって、
多能性幹細胞を、Bonemorphogeneticprotein(BMP)阻害剤、Transforminggrowthfactor−β(TGF−β)阻害剤及びWnt阻害剤の存在下で接着培養し、前脳型神経前駆細胞を得る工程と、
前記前脳型神経前駆細胞を、Glial−CellDerivedNeurotrophicFactor(GDNF)、Brainderivedneurotrophicfactor(BDNF)、アスコルビン酸、ジブチリルcAMP、細胞周期阻害剤及びγセクレターゼ阻害剤の存在下で接着培養し、前脳型興奮性神経細胞を得る工程と、
を含む、製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT