トランスデューサアレイ、光音響プローブ、及び光音響計測装置

開放特許情報番号
L2022000545
開放特許情報登録日
2022/4/11
最新更新日
2022/4/11

基本情報

出願番号 特願2019-505900
出願日 2018/3/6
出願人 国立大学法人東北大学
公開番号 WO2018/168562
公開日 2018/9/20
発明の名称 トランスデューサアレイ、光音響プローブ、及び光音響計測装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 複数のトランスデューサ素子を備えるトランスデューサアレイ、並びにこれを備えた光音響プローブ及び光音響計測装置
目的 感度の向上と、不要応答の抑圧とを両立するトランスデューサアレイ、並びにこれを備えた光音響プローブ及び光音響計測装置を提供する。
効果 感度の向上と、グレーティングローブに起因する不要応答の抑圧とを両立させたトランスデューサアレイ、並びにこれを備えた光音響プローブ及び光音響計測装置を提供することができる。
技術概要
超音波を検出可能な複数のトランスデューサ素子を備えるトランスデューサアレイであって、
前記複数のトランスデューサ素子は、それぞれの重心位置が2次元状にランダムに配置されており、且つ前記複数のトランスデューサ素子は、隙間なく隣接して配置されていることを特徴とするトランスデューサアレイ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2022 INPIT