意思決定装置、及び意思決定装置の制御方法

開放特許情報番号
L2022000452
開放特許情報登録日
2022/3/28
最新更新日
2022/3/28

基本情報

出願番号 特願2020-548524
出願日 2019/9/17
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 WO2020/059723
公開日 2020/3/26
発明の名称 意思決定装置、及び意思決定装置の制御方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 意思決定装置、及び意思決定装置の制御方法
目的 小型化が容易で、比較的低消費電力で動作し、また、比較的高速に動作が可能で、選択肢が多数である場合にも適用可能な意思決定装置、及びその制御方法を提供する。
効果 意思決定装置を小型化し、また比較的低消費電力で動作させることが可能となる。また、比較的高速に動作が可能で、選択肢が多数である場合にも適用可能な意思決定装置が提供される。
技術概要
TOW(Tug−of−War)モデルに基づき、2以上の確率的報酬付与手段のいずれかを決定する意思決定装置であって、
所定のパルス電圧を印加することにより抵抗値が変化する回路手段であって、前記抵抗値がパルス電圧の印加回数に対し線形的に変化し、さらに前記抵抗値は確率的な揺らぎを有しながら変化する回路手段と、
前記回路手段の現在の抵抗値の、所定の閾値に対する大小により、第1の確率的報酬付与手段および第2の確率的報酬付与手段のいずれの報酬付与処理を実行するかを判定し、前記報酬付与処理の結果、報酬有の結果により、実行した確率的報酬付与手段がさらに報酬付与処理を実行すると判定される方向に前記抵抗値を変化させるためのパルス電圧を印加し、報酬無の結果により前記報酬付与処理を実行した確率的報酬付与手段と異なる確率的報酬付与手段が報酬付与処理を実行すると判定される方向に前記抵抗値を変化させるためのパルス電圧を印加する回路制御手段と
を備えることを特徴とする意思決定装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT