空中構造物

開放特許情報番号
L2022000426
開放特許情報登録日
2022/4/1
最新更新日
2022/5/24

基本情報

出願番号 特願2022-015274
出願日 2022/2/2
出願人 西沢 克弥
公開番号 特開2022-058853
公開日 2022/4/12
発明の名称 空中構造物
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 宇宙太陽光発電システムおよび宇宙構造物
目的 地上から空中を経て宇宙空間の高度まで連続してオービタルリングを打上げる方法(持上げる方法)を考案する。
効果 地上で製造された太陽電池、加速装置駆動回路、加速管等の部品を空中で組み立て、加速器を持つ空中構造物を形成し、空中において加速管を動作させ加速器内で物体を加速させ向心力を得て、向心力を利用し宇宙空間への打上げに推移させる。
宇宙構造物と地上を結ぶエレベータを備えさせ、高度100kmクラスの軌道エレベータの構築もされうるかもしれない。軌道エレベータを宇宙構造体が支持・保持する場合、軌道エレベータの重量分、向心力を増加させるために、加速管内の物体の速度を増速させる。
技術概要
加速装置を備えたソーラープレーンを空中において連結させ環状空中構造体を空中に形成し、
前記環状空中構造体に備えさせた加速装置より光子を前記空中構造物から外界へ放出または発射させその反作用により前記環状空中構造体を一方向へ加速させ、前記環状空中構造物が前記加速装置により加速されることで前記環状空中構造体に生じる向心力を受ける特徴、
または、
前記環状空中構造体に備えさせた加速装置に電場もしくは磁場による粒子または弾または物体の加速させる部分と前記粒子または弾または物体が加速される加速管を備えさせ、
前記空中構造物内部の環状の加速管の内部で前記粒子または弾または物体を一方向へ加速させ、
前記加速管の内部で前記粒子または弾または物体が前記加速装置により加速されることにより前記環状空中構造体に生じる向心力を受ける特徴、
を持つ前記環状空中構造体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 西沢 克弥

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT