マイクロ流路デバイス及びその製造方法

開放特許情報番号
L2022000350
開放特許情報登録日
2022/3/4
最新更新日
2022/3/4

基本情報

出願番号 特願2018-178124
出願日 2018/9/21
出願人 国立研究開発法人理化学研究所
公開番号 特開2019-060868
公開日 2019/4/18
発明の名称 マイクロ流路デバイス及びその製造方法
技術分野 情報・通信、機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 マイクロ流路デバイス及びその製造方法
目的 高温で不安定な試料でも固定可能なマイクロ流路デバイス及びその製造方法を提供する。
効果 高温で不安定な試料でも固定可能なマイクロ流路デバイス及びその製造方法を提供することが可能になる。
技術概要
第1基板及び第2基板が互いに対向する面において接合してなるマイクロ流路デバイスであって、
前記対向する面に形成され、供給液を流す少なくとも1つの流路と、
前記流路の少なくとも一部の表面と前記流路に隣接する表面とを含む撥液領域と、
前記対向する面における縁部分の表面を少なくとも含み、前記第1基板及び前記第2基板を接合する接合領域と、
前記流路上及び/又は前記流路に対向する表面において試料を固定する試料固定領域と、を備え、
前記撥液領域は、前記供給液と前記試料を含む液体とに対する接触角が90°以上であり、
前記試料固定領域は、前記試料を含む液体に対する接触角が前記撥液領域における接触角よりも小さく、
前記試料は、前記試料固定領域に固定されていて、
前記接合領域における前記第1基板及び前記第2基板が直接接合している面積の割合が前記接合領域全体の面積に対して、7%以上100%以下である、マイクロ流路デバイス。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT