飲食時におけるウイルス感染防止対策 マスク外さずマスクに触らず飲食を可能にするもの

開放特許情報番号
L2022000342
開放特許情報登録日
2022/3/10
最新更新日
2022/4/7

基本情報

出願番号 特願2021-015273
出願日 2021/2/2
出願人 加納 孝義
登録番号 特許第7017655号
特許権者 加納 孝義
発明の名称 マスク操作具
技術分野 生活・文化、食品・バイオ、その他
機能 材料・素材の製造、安全・福祉対策、その他
適用製品 マスク操作具
目的 必要時に、マスク本体を手で摘まむことなくマスクの位置をずらす(変更する)ことができるマスク操作具を提供する。
効果 必要時に、マスク本体を手で摘まむことなくマスクの位置をずらす(変更する)ことができる。
技術概要
マスク本体(21)と、このマスク本体(21)の左右に設けられた耳かけ部(22)とを有するマスク(20)を操作するためのマスク操作具であって、
使用時にマスク装着者(U)の顎部下方に位置し得る湾曲状の操作部(11)と、
この操作部(11)の左右両端に設けられ、マスク装着者(U)が装着するマスク(20)における耳かけ部(22)の左右根元部(23)にそれぞれ連結される連結部(12)と、
を備え、
前記連結部(12)は操作部(11)の左右両端が屈曲され、この屈曲部に耳かけ部(22)の左右根元部(23)が嵌まり込むフック状の連結部(12)であり、
正面視で、前記湾曲状の操作部(11)は、左右方向長さ(L1)が100mm〜150mm、上下方向高さ(H1)が40mm〜80mmであり、
フック状の連結部(12)をなす折り返し部(12f)の長さは8mm〜14mm、折り返し部(12f)と操作部(11)との間の隙間(C)は、0.5mm〜1mm、操作部(11)及び折り返し部(12f)の幅(W1)は4mm〜8mm、厚さ(T1)は1mm〜3mmであることを特徴とするマスク操作具。
イメージ図
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 応相談

登録者情報

登録者名称 加納 孝義

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT