立体映像表示装置

開放特許情報番号
L2022000262
開放特許情報登録日
2022/2/9
最新更新日
2022/2/9

基本情報

出願番号 特願2017-081782
出願日 2017/4/18
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2018-180387
公開日 2018/11/15
登録番号 特許第6865624号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 立体映像表示装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 インテグラル方式の立体映像表示装置
目的 立体映像を連続的に視聴できる範囲を拡大する。
効果 凸レンズの光軸を外周側にシフトさせたので、虚像面の重複部分を大きくし、立体映像を連続的に視聴できる範囲を拡大することができる。
技術概要
インテグラル方式で要素画像群を表示する立体映像表示装置であって、
前記要素画像群を分割した分割要素画像群を表示する複数の直視型ディスプレイと、
それぞれの前記直視型ディスプレイの前面に配置され、2次元状に配列された要素レンズを有するレンズアレイと、
前記レンズアレイに対応する凸レンズを互いに隣接配置し、前記レンズアレイからの入射光を拡大して1つの前記要素画像群として合成する合成光学系と、を備え、
前記凸レンズの光軸が、前記レンズアレイの中心軸に対し、前記立体映像表示装置の外周側にシフトしていることを特徴とする立体映像表示装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT