屋内外両用の自定式ハンモックまたは自定式テント搭載型ハンモック

開放特許情報番号
L2022000255
開放特許情報登録日
2022/2/4
最新更新日
2022/2/4

基本情報

出願番号 特願2021-097223
出願日 2021/6/10
出願人 冨田 盟子
登録番号 特許第6995299号
特許権者 冨田 盟子
発明の名称 屋内外両用の自定式ハンモックまたは自定式テント搭載型ハンモック
技術分野 生活・文化
機能 材料・素材の製造、機械・部品の製造
適用製品 自定式ハンモックまたは自定式空中テント
目的 安全安心な自定式で屋内外両用のハンモックまたは空中テントを実現する。
効果 他の何かに頼らず自ら定着とする安全安心な自定式を考案することで、屋内外両用のハンモックまたは空中テントを実現した。
技術概要
2頂点間を2本のロープで2本のまま、または2本をまとめて1本として吊るすハンモックで、2本の支持脚は支間中央で畳、床、地面等の水平基盤に支持され、支間途中に継手の節点を設けず両端に頂点部を有する弓形を形成するものであって、支持脚の断面を、高さが幅より大とした縦長の概矩形断面または概I型断面とし、前記支持脚の断面高さを支持脚全体で均一とした等断面、もしくは支間中央の底部近傍で最大となるように徐々に断面高さを変化させた変断面とすることで、前記支持脚を側面視で概同心円形、もしくは概三日月形の流線形とし、前記2本の支持脚による横倒れ防止は、正面視で3角形タイプ、台形タイプ、または平行棒の長方形タイプのいずれかの開脚式としたことを特徴とする屋内外両用の自定式ハンモック。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 ハンモック、またはテント搭載型ハンモック(空中テント)で、2本の弓形支持脚は弾力性があり、自在に反力をとる自定式なので、家の柱や森の木の幹にロープを張る必要がなく、どこにでもセットできる。特に空中テントは、雨天時の予定変更の心配もなく異次元空間、ワンランク上の森林浴を満喫できる。車の天井に載るので颯爽とキャンプイン。

登録者情報

登録者名称 冨田 穣

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT