大気における海底鉱石の重金属溶出防止方法

開放特許情報番号
L2022000254
開放特許情報登録日
2022/2/21
最新更新日
2022/2/21

基本情報

出願番号 特願2019-055381
出願日 2019/3/22
出願人 国立研究開発法人国立環境研究所
公開番号 特開2020-152998
公開日 2020/9/24
発明の名称 大気における海底鉱石の重金属溶出防止方法
技術分野 金属材料
機能 加圧・減圧
適用製品 大気における海底鉱石の重金属溶出防止方法
目的 大気における海底鉱石の重金属溶出防止方法を提供する。
効果 大気における海底鉱石からの重金属の溶出を防止することができる。
技術概要
 
密封された処理容器に格納された海底熱水鉱石、前記海底熱水鉱石を含む海底堆積物、前記海底熱水鉱石または前記海底堆積物を採掘して得られる粗鉱と前記粗鉱を選鉱して得られる精鉱からなる群から選ばれる少なくとも一以上の海底鉱石を、全圧−90kPa以下の真空状態に減圧する減圧工程を有し、
前記海底鉱石は硫化鉱物を含有し、かつ、該硫化鉱物はFe、Zn及びPbからなる群から選択されるいずれか一以上の硫化鉱物含有重金属を含有し、
前記減圧工程後の前記海底鉱石を海水に混ぜ、240時間攪拌して得られる溶液の溶媒部分の前記硫化鉱物含有重金属の合計溶出量が60.0ppm以下である
ことを特徴とする大気における海底鉱石の重金属溶出防止方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT