フミン物質の回収方法及び回収装置

開放特許情報番号
L2022000252
開放特許情報登録日
2022/2/21
最新更新日
2022/2/21

基本情報

出願番号 特願2018-194446
出願日 2018/10/15
出願人 国立研究開発法人国立環境研究所
公開番号 特開2020-062581
公開日 2020/4/23
発明の名称 フミン物質の回収方法及び回収装置
技術分野 化学・薬品、機械・加工
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 フミン物質の回収方法及びその回収装置
目的 作業の効率化と定量化を両立可能とするフミン物質の回収方法及び回収装置を提供する。
効果 樹脂を内封したカラムを用いて、このカラムの一方側から他方側に向けて混合水を通して非吸着物質を得た後に、上記カラムの他方側から一方側に向けてアルカリ水溶液を通す動作を行うことにより、カラムを流れる供給物質の流れ方向を切り替えるだけでフミン物質の分離回収を行うことができるため、作業の効率化と定量化が両立可能となる。
技術概要
樹脂を内封したカラムを用いて、湖沼や河川等から取得した混合水からフミン物質を分画して回収するフミン物質の回収方法であって、
前記カラムの一方側から他方側に向けて前記混合水を通して非吸着物質を得る第1通水工程と、
前記第1通水工程の後に、前記カラムの前記他方側から前記一方側に向けてアルカリ性溶液を通すことにより、フミン物質を得る第2通水工程と、
を含むことを特徴とするフミン物質の回収方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT