画像処理方法、画像合成方法、データの取得方法、学習モデルの生成方法、鼻および副鼻腔疾患の診断支援システム、並びに鼻および副鼻腔疾患の診断支援方法

開放特許情報番号
L2022000235
開放特許情報登録日
2022/2/3
最新更新日
2022/2/3

基本情報

出願番号 特願2020-048500
出願日 2020/3/18
出願人 国立大学法人福井大学
公開番号 特開2021-145881
公開日 2021/9/27
発明の名称 画像処理方法、画像合成方法、データの取得方法、学習モデルの生成方法、鼻および副鼻腔疾患の診断支援システム、並びに鼻および副鼻腔疾患の診断支援方法
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 鼻および副鼻腔疾患の診断を支援するシステムおよび画像処理方法
目的 鼻および副鼻腔疾患の診断を支援するシステムを提供する。
効果 歯性上顎洞炎、酸球性副鼻腔炎、副鼻腔真菌症、内反性乳頭腫、および上顎癌について鼻および副鼻腔疾患の判定を行うことができる。
技術概要
CT画像により鼻および副鼻腔疾患の診断を支援する画像処理方法であって、
第三基板を基準にCT画像から前頭洞、篩骨洞および蝶形骨洞を含む画像を選択する画像処理方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT