複数ネットワークスライスの障害復旧システム、障害復旧方法及びバックアップ用ネットワークスライス作製プログラム

開放特許情報番号
L2022000230
開放特許情報登録日
2022/2/3
最新更新日
2022/2/3

基本情報

出願番号 特願2020-020773
出願日 2020/2/10
出願人 国立大学法人福井大学
公開番号 特開2021-129140
公開日 2021/9/2
発明の名称 複数ネットワークスライスの障害復旧システム、障害復旧方法及びバックアップ用ネットワークスライス作製プログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 通信ネットワークにおいて、障害から復旧するための技術
目的 ネットワークスライシングによる複数ネットワークスライス環境において、障害発生時に切り替わったバックアップ構成のノードやリンクの資源量が確保でき、障害発生から短時間で安定して復旧できる複数ネットワークスライスの障害復旧システム及び方法を提供する。
効果 ネットワークスライシングによる複数ネットワークスライス環境において、障害発生時に切り替わったバックアップ構成のノードやリンクの資源量が確保でき、障害発生から短時間で安定して復旧できる。
技術概要
物理ネットワークと同一トポロジを有し、ノード又はリンクの障害時の複数のバックアップ構成が生成され、該バックアップ構成における障害部分を用いない迂回経路で通信するための資源量が割り当てられるバックアップ用ネットワークスライス、
を備え、
障害時に影響を受けるネットワークスライスでは、前記バックアップ構成の各々に対応する仮想バックアップ構成から障害部分を用いない構成が選択され、前記バックアップ用ネットワークスライスの資源を用いて前記迂回経路で通信が行われることを特徴とする複数ネットワークスライスの障害復旧システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT