力覚提示装置及び力覚提示方法

開放特許情報番号
L2022000167
開放特許情報登録日
2022/1/28
最新更新日
2022/1/28

基本情報

出願番号 特願2019-191264
出願日 2019/10/18
出願人 学校法人 中央大学
公開番号 特開2021-068041
公開日 2021/4/30
発明の名称 力覚提示装置及び力覚提示方法
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 力覚提示装置及びその方法
目的 移動範囲の制限や人に違和感を感じさせることなく、力覚を提示可能な力覚提示装置を提供する。
効果 力覚を提示することにより、外骨格型のような反力支持部を設けることなく、力覚提示部を装着した箇所に力覚を提示することが可能となる。
技術概要
人に対して力覚を提示する力覚提示装置であって、
一方向に流体を噴射可能なノズルと、
前記ノズルからの流体の噴射を制御する制御手段と、を備え、
前記ノズルは、
流体の噴射方向が外向きとなるように人又は人の携帯物に取り付けられ、
前記制御手段は、
前記ノズルの取り付け対象の状態を検出する状態検出手段と、
提示する力覚の内容を記憶する記憶手段を有し、前記状態検出手段から検出された状態と前記内容とに基づいて、前記ノズルからの流体の噴射を制御するコントローラと、
を備える力覚提示装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 中央大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT