アクチュエータの製造方法及びアクチュエータ

開放特許情報番号
L2022000159
開放特許情報登録日
2022/1/28
最新更新日
2022/1/28

基本情報

出願番号 特願2020-045104
出願日 2020/3/16
出願人 学校法人 中央大学
公開番号 特開2021-148130
公開日 2021/9/27
発明の名称 アクチュエータの製造方法及びアクチュエータ
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 アクチュエータ及びアクチュエータの製造方法
目的 拘束材を均一に配列可能であって、かつ、生産性の高いアクチュエータの製造方法等を提供する。
効果 軸方向に延長する繊維が筒状体に対して均一な状態で引き揃えられたアクチュエータを得ることが可能となり、伸縮動作の安定性をより向上させることができる。また、筒状繊維群を連続成形しつつ、これをゴム定着工程に連続的に移送することができるため、筒状体及びアクチュエータの製造効率を飛躍的に向上させることができる。
技術概要
軸方向に延長する複数の拘束材を有し、内部への圧力給排によって伸縮可能な弾性筒状体を備えたアクチュエータの製造方法であって、
前記複数の拘束材を前記弾性筒状体の円周方向に沿って互いに遊離不能とする規制材により連結し、円筒状の繊維群を成形する工程と、
前記繊維群の表面に弾性材を定着する工程と、
を含むことを特徴とするアクチュエータの製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 中央大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT