ブドウファバウイルスの検出法

開放特許情報番号
L2022000144
開放特許情報登録日
2022/1/26
最新更新日
2022/1/26

基本情報

出願番号 特願2020-012196
出願日 2020/1/29
出願人 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2021-114970
公開日 2021/8/10
発明の名称 ブドウファバウイルスの検出法
技術分野 食品・バイオ
機能 検査・検出
適用製品 ブドウファバウイルスを検出する遺伝子診断方法
目的 GFabVを網羅的に検出する遺伝子診断方法を提供する。
効果 ブドウに感染する既知又は未知のGFabVを網羅的に検出することができる。
技術概要
以下の(5)〜(9)のプライマーのいずれか2つを含む、ブドウファバウイルスに特異的な塩基配列を増幅するためのプライマーセット。
(5) ブドウファバウイルスのRNA2における配列番号5記載の塩基配列から成る保存領域に対するプライマー;
(6) ブドウファバウイルスのRNA2における配列番号6記載の塩基配列から成る保存領域に対するプライマー;
(7) ブドウファバウイルスのRNA2における配列番号7記載の塩基配列から成る保存領域に対するプライマー;
(8) ブドウファバウイルスのRNA2における配列番号8記載の塩基配列から成る保存領域に対するプライマー;
(9) ブドウファバウイルスのRNA2における配列番号9記載の塩基配列から成る保存領域に対するプライマー。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT