豆乳又は豆乳含有飲食品の香味改善剤

開放特許情報番号
L2022000117
開放特許情報登録日
2022/2/17
最新更新日
2022/7/21

基本情報

出願番号 特願2010-221525
出願日 2010/9/30
出願人 小川香料株式会社
公開番号 特開2012-075355
公開日 2012/4/19
登録番号 特許第5792941号
特許権者 小川香料株式会社
発明の名称 豆乳又は豆乳含有飲食品の香味改善剤
技術分野 食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造
適用製品 豆乳又は豆乳含有飲食品の香味改善方法
目的 消費者の嗜好に合った、豆乳本来の好ましい風味を付与することができる豆乳又は豆乳含有飲食品の香味改善剤、かかる香味改善剤を添加した豆乳又は豆乳含有飲食品、並びにかかる香味改善剤をごく微量添加することを特徴とする豆乳又は豆乳含有飲食品の香味改善方法を提供する。
効果 青臭みとエグ味が抑制されると同時に煮豆の軽い甘さ、香味のボリューム感が顕著に強調され、より一層の天然感が感じられる飲食品を消費者に提供することができる。
技術概要
 
一般式(1)で表されるメトキシピラジン誘導体からなることを特徴とする豆乳又は豆乳含有飲食品の豆乳様風味改善剤。
【化1】

(式中、Rは炭素数1〜6のアルキル基を表す。)
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 2-アルキル-3-メトキシピラジン類を豆乳にごく微量添加することにより、極めて自然で良質な豆乳様風味が付与できます。

登録者情報

登録者名称 小川香料株式会社

技術供与

ノウハウ提供レベル
量産仕様の提供 【否】
特殊仕様の提供 【否】

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT