実世界ポインティングシステムおよび実世界ポインティング方法

開放特許情報番号
L2021001988
開放特許情報登録日
2022/1/12
最新更新日
2022/1/12

基本情報

出願番号 特願2021-191470
出願日 2021/11/25
出願人 公立大学法人広島市立大学
発明の名称 実世界ポインティングシステムおよび実世界ポインティング方法
技術分野 生活・文化
機能 安全・福祉対策
適用製品 介護支援ロボット
目的 要介護者が介護支援ロボットに望む現実的作業の一つとして、3次元空間の実世界に存在する目標物をレーザビームでポインティングするためのシステムと方法を提供する。
効果 要介護者が操作するスマートフォンの動きに合わせてパンチルトアクチュエータのパン角及びチルト角が制御されるため、パンチルトアクチュエータ上に載置されたレーザビーム発生装置によって、3次元空間の実世界に存在する目標物を直感的操作感でポインティングすることができる。
技術概要
 
スマートフォンが自身の筐体の姿勢変化を検出し、当該検出した姿勢変化の変動量をパンチルトアクチュエータのパン方向及びチルト方向の各回転角に換算して、無線通信により前記パンチルトアクチュエータに指示し、前記パンチルトアクチュエータが、前記スマートフォンから指示された各回転角になるように自身のパン角及びチルト角を制御する。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 詳細は協議により決定する。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT