回転楕円体型エンクロージャーを用いたスピーカー装置

開放特許情報番号
L2021001981
開放特許情報登録日
2021/12/24
最新更新日
2022/1/6

基本情報

出願番号 特願2012-064794
出願日 2012/3/22
出願人 西内 克彦
公開番号 特開2013-198026
公開日 2013/9/30
登録番号 特許第5432308号
特許権者 西内 克彦
発明の名称 回転楕円体型エンクロージャーを用いたスピーカー装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 スピーカー装置
目的 スピーカー装置におけるエンクロージャーの形状と、そのエンクロージャーに組み込むスピーカーユニットの位置を工夫することで、エンクロージャーに起因する雑音の発生を低減し、より原音に忠実な音声の再生を図るとともに、卓上に置ける小型サイズの装置でもスピーカーユニットの諸元を超える重低音を実用的な音量で再生できるようにする。
効果 エンクロージャー内で乱反射をして有害な雑音を発生することがない。また、この音波の経路はすべて等距離であるため、振動板に戻る音波に時間的なズレが発生しないという利点がある。さらに必要に応じてエンクロージャーの材質や厚さを調整したり、吸音材や制振材を適度に併用したりすることで、乱反射や共振による雑音の発生は極めて少なくなり、原音に近い明瞭な音声を再生できることとなる。
技術概要
エンクロージャーの内面を、楕円式x↑2/a↑2+y↑2/b↑2=1(a>b>0)で表される楕円形の長軸aを中心にした回転楕円体の形状とし、その楕円体の長軸a上の{±√(a↑2−b↑2),0}で表される2個の焦点のうちいずれか1個の焦点の位置で、長軸に対して直角にその楕円体を切断してバッフルを取り付け、そのバッフルにスピーカーユニットの振動板(コーン紙)が当該焦点fの位置に来るように設置した構造を持つスピーカー装置。
実施実績 【有】  手作りの製品を月に2〜3セット、ヤフオクに出品中。「コーン還流式スピーカー」で検索。出品中でないときは、『「コーン還流式スピーカー」の落札相場を調べる』で閲覧できる。説明文中に使用者の評価あり。
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許権者自身も製作し販売できること。その数量は話し合いで決定。

登録者情報

登録者名称 西内 克彦

技術供与

ノウハウ提供レベル
量産仕様の提供 【可】
図面の開示 【有】
図面1 製品設計上の要点を説明。
マニュアルの開示 【有】
マニュアル1 製作上の要点を伝達。
サンプルの開示 【有】
サンプル1 手作り製品あり。
その他の開示 【有】
その他1 可能な範囲で協力。
技術指導 【可】
期間 契約から1年まで。
技術指導料 【要】当特許の理論におけるスピーカーユニットの音の発生源は点音源を前提としているが当然、現実にそんなコーン紙は実在しない。それでも実際の製品は圧倒的な音質を得ているのが事実である。
技術指導においては、現行のスピーカーユニットの構造の改良などによる、より理想的な今後の方策など、容易に実現性のある形で提案したい。
コンサルティング 【可】
期間 随時。
コンサルティング料 【 】任意で可。

事業化情報

事業化条件
特別資格 【不要】音響関連メーカーが望ましい。
マーケット情報 【有】手作り品をヤフーオークションに数年来出品してきたが、より良い音を追求するオーディオマニアの層は厚く、販売不発だったことはない。
そんな情報も提供していきたい。

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
試作品評価 【可】
設備売却の意思 【無】
設備購入ルート
自社ルート提供 【否】
設備メーカ紹介 【否】
販売ルート
自社ルート提供 【否】
販売会社紹介 【否】
Copyright © 2022 INPIT