木材の乾燥方法

開放特許情報番号
L2021001894
開放特許情報登録日
2021/12/15
最新更新日
2021/12/15

基本情報

出願番号 特願2019-181791
出願日 2019/10/2
出願人 国立大学法人 鹿児島大学
公開番号 特開2021-054016
公開日 2021/4/8
発明の名称 木材の乾燥方法
技術分野 機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 木材の乾燥方法
目的 角材に製材された木材を、省エネルギー化を図りつつ速やかに乾燥させることができるにも関わらず、内部割れが発生しにくく、しかも、木材の性質や木材が含有する水分の状態、あるいは、乾燥条件によっては木材の強度を高めうる、木材の乾燥方法を提供する。
効果 角材に製材された木材を速やかに乾燥させることができる。また、通気性部材を通過した空気が再び通気性部材に導入される、空気の循環系を構成することにより、省エネルギー化を図ることができる。
技術概要
乾燥の対象である、角材に製材された木材を、前記木材の外面上における、各々前記木材のL軸方向に延在し且つ互いに前記木材のT軸方向に対向する位置にある第1部位及び第2部位のそれぞれに、通気性を有する通気性部材を押し当てることにより、前記通気性部材を介してT軸方向に加圧した加圧状態とし、且つ前記外面上における、各々前記木材のL軸方向に延在し且つ互いに前記木材のR軸方向に対向する位置にある第3部位及び第4部位と、互いに前記木材のL軸方向に対向する位置にある第5部位及び第6部位と、のそれぞれからの水分の蒸発を抑制した蒸発抑制状態とする準備工程と、
前記加圧状態及び前記蒸発抑制状態を維持したまま、予め定められた目標温度に近づけた空気を、前記第1部位及び前記第2部位に押し当てられている各々の前記通気性部材の内部を通過させることにより、前記木材から水分を除去し、各々の前記通気性部材を通過した前記空気から前記水分を除去し、且つ該水分が除去された前記空気を前記目標温度に近づけて、再び各々の前記通気性部材に導入する前記空気の循環系を構成することにより、前記木材に含まれる前記水分を徐々に除く乾燥工程と、
を有する、木材の乾燥方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT