段差乗り上げ用リフタおよびそれを備える輸送機器

開放特許情報番号
L2021001875
開放特許情報登録日
2021/12/22
最新更新日
2021/12/22

基本情報

出願番号 特願2018-158750
出願日 2018/8/27
出願人 学校法人大阪産業大学
公開番号 特開2020-032766
公開日 2020/3/5
発明の名称 段差乗り上げ用リフタおよびそれを備える輸送機器
技術分野 輸送、機械・加工
機能 安全・福祉対策
適用製品 車椅子、搬送機器
目的 輸送機器の取り扱いを容易にするとともに利便性の高い段差乗り上げ用リフタを提供する。
効果 足の力を使った着脱可能な梃により、前輪・後輪の両方を、同時に段差を越えられるようにした搬送機器
技術概要
 
前輪3および後輪4を備える車椅子1の車体2の下部に連結具50が設けられている。連結具50には、ジャッキレバー10が鉛直面内で回転可能に連結されている。ジャッキレバー10は、屈曲した側面形状を有する。ジャッキレバー10の中間部に設定された接地部11が設定されている。接地部には接地車輪20が配置されている。ジャッキレバー10の後端部には、昇降操作部40が設けられている。ジャッキレバー10は、接地車輪20が接地した状態で昇降操作部40が押し下げられることにより車体2が持ち上げられるように構成されている。連結具50は、ジャッキレバー10を車体2に着脱可能に構成されている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪産業大学

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT