油脂−糖質粉末素材及びその製造方法

開放特許情報番号
L2021001861
開放特許情報登録日
2021/12/10
最新更新日
2021/12/10

基本情報

出願番号 特願2008-002650
出願日 2008/1/9
出願人 石川県、国立大学法人岩手大学、小林 昭一、塩水港精糖株式会社、株式会社スギヨ、株式会社柴舟小出
公開番号 特開2008-188010
公開日 2008/8/21
登録番号 特許第5082074号
特許権者 石川県、国立大学法人岩手大学、塩水港精糖株式会社、株式会社スギヨ、株式会社柴舟小出、小林 文子
発明の名称 油脂−糖質粉末素材及びその製造方法
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品、生活・文化
機能 食品・飲料の製造、材料・素材の製造
適用製品 脂溶性色素、抹茶
目的 水に溶けない脂溶性成分を水溶性粉末素材化する。
効果 抹茶の水に対する溶解性が2倍以上に向上する。
抹茶の緑やアスタキサンチンの赤色の色素の退色スピードが遅くなり、色調維持日数が5倍程度伸びる。
技術概要
 
脂溶性成分を一定の差長のデキストリンでコーティングして、粉末化する技術。
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【可】
希望譲渡先(国内) 【可】 
希望譲渡先(国外) 【否】 
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 石川県

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT