フィンガチャック

開放特許情報番号
L2021001855
開放特許情報登録日
2021/12/24
最新更新日
2021/12/24

基本情報

出願番号 特願2003-312984
出願日 2003/9/4
出願人 株式会社北川鉄工所
公開番号 特開2005-081449
公開日 2005/3/31
登録番号 特許第4288124号
特許権者 株式会社北川鉄工所
発明の名称 フィンガチャック
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 フィンガチャック
目的 回転時に発生するこれらの部材の遠心力を小さくする構造のフィンガチャックを提供する。
効果 従来に比べ装置の半径方向外方部分の重量が軽減され、チャックの回転時に過大な遠心力が作用することが無いので、ボディ強度の小さなチャックでも安全に使用する事ができ、チャックの小型化・軽量化が実現できる。
技術概要
ボディと、該ボディに設けられたガイド溝に係合しボディの半径方向へ摺動可能に設けられる複数の駒台と、前記ボディの後方に設けられ前後方向へ移動するクランププレートと、前記ボディの半径方向外方に備えられ前方先端へワークを把持する爪を有するレバーと、該レバーの前後方向略中間部へ設けられた長穴に挿通されレバーを駒台に対して摺動可能に保持するガイドピンと、前記レバーの後方に備えられクランクプレートの作用力をレバーに伝達するレバー軸を備えたフィンガチャックにおいて、
前記駒台が半径方向内方へ設けられたネジ穴と後方へ突出するガイド軸を有し、前記ネジ穴に螺合しボディへ回転可能に装着されたネジ棒と、該ネジ棒の回転によって複数の駒台を同調させ半径方向へ摺動させる駆動手段が設けられ、前記クランププレートが半径方向に設けられた案内溝へ係合され半径方向へ摺動可能な連結部材を備え、該連結部材が前記ガイド軸の先端を挿入する係合穴を有すると共に半径方向外方端部へレバー軸を介してレバーの後方に係合することを特徴とするフィンガチャック。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社 北川鉄工所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT