摩擦力向上装置

開放特許情報番号
L2021001833
開放特許情報登録日
2021/12/2
最新更新日
2021/12/2

基本情報

出願番号 特願2018-202557
出願日 2018/10/29
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2020-069809
公開日 2020/5/7
発明の名称 摩擦力向上装置
技術分野 輸送、機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 摩擦力向上装置
目的 鉄道車両の車輪に係る摩擦力を向上させることができる新たな技術の提供。
効果 車輪とレール等の金属体との接触面に対して酸化抑制ガスを噴射することによって、鉄道車両の車輪に係る摩擦力を向上させることができる。
技術概要
鉄輪の車輪で走行する鉄道車両に搭載され、前記車輪に係る摩擦力を向上させるための摩擦力向上装置であって、
前記車輪と、走行時に前記車輪に接触する金属体との接触面に対し、酸化抑制ガスを噴射する噴射手段と、
前記鉄道車両の運転指令および/又は前記鉄道車両の走行状況に基づいて定められた前記噴射手段の噴射発動条件を満たした場合に、前記噴射手段に前記酸化抑制ガスを噴射させる制御を行う制御手段と、
を備えた摩擦力向上装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT