光学スクリーン、多視点映像表示装置および立体像表示装置

開放特許情報番号
L2021001817
開放特許情報登録日
2021/12/1
最新更新日
2021/12/1

基本情報

出願番号 特願2016-246398
出願日 2016/12/20
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2018-101035
公開日 2018/6/28
登録番号 特許第6890006号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 光学スクリーン、多視点映像表示装置および立体像表示装置
技術分野 情報・通信、生活・文化、繊維・紙
機能 機械・部品の製造
適用製品 光学スクリーン、ならびに、この光学スクリーンを備えた多視点映像表示装置および立体像表示装置
目的 簡易な構成で高解像度の映像を表示することが可能な光学スクリーン、ならびに、この光学スクリーンを備えた多視点映像表示装置および立体像表示装置を提供する。
効果 レンズアレイと、微細な光ファイバーで構成されるファイバーオプティックプレートとを用いた簡易な構成で、指向性を保持して高解像度の映像を表示することができる。
また、複数の表示装置と、レンズアレイおよびファイバーオプティックプレートを用いた光学スクリーンとを用いた簡易な構成で、高精細な多視点映像や立体像を表示することが可能になる。
技術概要
光を透過する透過型の光学スクリーンであって、
マイクロレンズを2次元配列した第1レンズアレイと、
複数の光ファイバーを束ねたファイバーオプティックプレートと、
前記第1レンズアレイと同一の2次元配列でマイクロレンズを配列した第2レンズアレイと、を備え、
前記ファイバーオプティックプレートの光が入射する面から、前記第1レンズアレイの焦点距離近傍に前記第1レンズアレイを配置し、前記ファイバーオプティックプレートの光が出射する面から、前記第2レンズアレイの焦点距離近傍に前記第2レンズアレイを配置し、前記第1レンズアレイの焦点距離近傍および前記第2レンズアレイの焦点距離近傍の少なくとも一方は、焦点距離と同じ距離を除くことを特徴とする光学スクリーン。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT