角度を維持して移動

開放特許情報番号
L2021001791 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2021/11/30
最新更新日
2022/1/17

基本情報

出願番号 特願2013-194117
出願日 2002/4/19
出願人 ファミリーイナダ株式会社
公開番号 特開2014-012222
公開日 2014/1/23
登録番号 特許第5873053号
特許権者 ファミリーイナダ株式会社
発明の名称 マッサージ機
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 被施療者の身体を施療するマッサージ機
目的 被施療者の腕部を施療することが可能であり、しかも背凭れ部を傾倒させた場合にも、傾倒前の部位と殆ど同一の部位を施療することが可能なマッサージ機を提供する。
また、背凭れ部の傾倒によって、被施療者の腕部が移動した場合であっても、被施療者の腕部を保持することができるマッサージ機を提供する。
効果 施療部によって被施療者の腕部を施療することが可能であり、また、背凭れ部を傾倒させた場合にも、施療部によって被施療者の腕部の殆ど同一の部位を、傾倒前後において施療することが可能となる。
技術概要
座部と、該座部に対して傾倒することが可能な背凭れ部と、該座部に対して回動可能なフットレストとを備える椅子型のマッサージ機において、
前記座部に設けられ、座部に載置された被施療者の大腿部の側部に刺激を与える空気袋と、
前記背凭れ部に設けられ、被施療者の肩の側部に刺激を与える空気袋と、
前記フットレストに設けられ、被施療者の脹脛の側部に刺激を与える空気袋と、
被施療者の前腕を保持し、上方が開口した凹状の保持部と、
前記保持部は、被施療者の前腕を側部から施療する空気袋を前腕の長手方向に複数備え、
前記保持部は、背凭れ部の傾倒に伴って、傾倒角度を維持して略後方に移動することを特徴とするマッサージ機。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 上方が開口した凹状の保持部には、空気袋が前腕の長手方向に複数ある。保持部は、背凭れ部の傾倒に伴って、傾倒角度を維持して略後方に移動する。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2022 INPIT