原子力発電システム

開放特許情報番号
L2021001778
開放特許情報登録日
2021/11/23
最新更新日
2021/11/23

基本情報

出願番号 特願2020-049021
出願日 2020/3/19
出願人 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
公開番号 特開2021-148611
公開日 2021/9/27
発明の名称 原子力発電システム
技術分野 機械・加工、無機材料
機能 機械・部品の製造
適用製品 原子力発電システム
目的 待機運転中の火力発電システムの助けを必要とせず、原子力発電システム単独でほぼ瞬時に電気出力を増大させることができる画期的な原子力発電システムを提供する。
効果 突発的な電源停止に起因して電力系統の周波数が低下した場合でも、中央給電指令所から出力増大指令信号によって冷却材注入弁を開状態にして、一次冷却系に冷却材をほぼ瞬時に投入するという極めて簡単な手段で、電力系統に接続している電源の電気出力を速やかに増大させることができるため、ブラックアウトを事前に回避することができる。
技術概要
原子炉と、該原子炉で加熱された冷却材の熱を電力に変換する少なくとも1個のガスタービンを有するガスタービン発電系と、前記原子炉及び前記ガスタービン発電系の間を、前記冷却材が循環するように流れる冷却系ラインを備えた原子力発電システムにおいて、さらに
前記冷却系ライン内の圧力よりも高圧の冷却材が充填された冷却材供給設備と、
前記冷却材供給設備と前記冷却系ラインの間を流体的に接続された、少なくとも1つの冷却材注入ラインと、
該冷却材注入ラインの途中に設けられ、電力系統を監視している中央給電指令所からの出力電圧増大信号を受けて弁が全開され、前記冷却材供給設備内の高圧の冷却材を前記冷却系ラインへ高速に注入する冷却材注入弁を備えていることを特徴とする原子力発電システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT