差込みプラグ

開放特許情報番号
L2021001761
開放特許情報登録日
2021/11/26
最新更新日
2021/11/26

基本情報

出願番号 特願2015-212457
出願日 2015/10/29
出願人 SMK株式会社
公開番号 特開2017-084632
公開日 2017/5/18
登録番号 特許第6229705号
特許権者 SMK株式会社
発明の名称 差込みプラグ
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 差込みプラグ
目的 電気製品の電源コードに接続する差込みプラグを2種類を用意することなく、共通の差込みプラグで交流給電と直流給電のいずれにも対応する差込みプラグを提供する。
また、直流電源で動作する電気機器の電源コードに接続する差込みプラグを差し込んで電気機器を動作させることが可能な差込みプラグを提供する。
効果 電気製品の電源コードに接続する差込みプラグを2種類を用意することなく、共通の差込みプラグで交流給電と直流給電のいずれにも対応できる。
また、交流給電から直流給電に変換した電源線に接続する交流電源コンセントを残したまま、その交流電源コンセントに直流電源で動作する電気機器の電源コードに接続する差込みプラグを差し込み、その電気機器を動作させることができる。
技術概要
電源コードの端末に接続する少なくとも一対の一方の栓刃と他方の栓刃を、絶縁プラグケースの接続面から突出させ、電源に接続するコンセントへ差込んで、電源コードを電源に接続する差込みプラグであって、
前記一方の栓刃の周囲に固定され、絶縁プラグケースに回動自在に収容されるローターと、
前記絶縁プラグケースに設けられ、前記一方の栓刃の長手方向の軸周りに、前記一方の栓刃が前記他方の栓刃と平行となる第1回転位置と、前記一方の栓刃が前記他方の栓刃に直交する第2回転位置間の少なくとも90度以上の回転角で、前記ローターを回動自在に案内する案内手段と、
第1回転位置と第2回転位置でローターの回動を位置決めする位置決め手段とを備え、
ローターを第1回転位置に位置決めした前記一方の栓刃と前記他方の栓刃を、商用交流電源に接続する交流電源コンセントへ差込み自在とする前記接続面の位置から突出させ、
ローターを第2回転位置に位置決めした前記一方の栓刃と前記他方の栓刃を、商用直流電源に接続する直流電源コンセントへ差込み自在とする前記接続面の位置から突出させることを特徴とする差込みプラグ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 SMK株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT