ヒートポンプシステム

開放特許情報番号
L2021001751
開放特許情報登録日
2021/11/19
最新更新日
2021/11/19

基本情報

出願番号 特願2019-103558
出願日 2019/6/3
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2020-197340
公開日 2020/12/10
発明の名称 ヒートポンプシステム
技術分野 機械・加工
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 ヒートポンプシステム
目的 地中熱を利用した温調システムとして用いられるヒートポンプにおいて、ヒートポンプの間欠運転の防止とピーク負荷時の出力不足との両方を解消可能とする。
効果 ヒートポンプの間欠運転を防止することができる。さらに、ピーク負荷時の出力不足を解消することができる。
技術概要
回収した地中熱を循環液に伝達するヒートポンプと、前記循環液を一時的に貯留する循環液貯留タンクと、前記循環液の熱量を外部に供給する熱供給部とを有し、
前記循環液が、前記熱供給部、前記循環液貯留タンク、前記ヒートポンプの順に循環する間欠運転防止モードと、
前記ヒートポンプから排出された前記循環液の少なくとも一部を前記循環液貯留タンクに供給し、前記循環液貯留タンクから排出された前記循環液の少なくとも一部を前記ヒートポンプに供給する蓄熱モードと、
前記循環液貯留タンクから排出された前記循環液と前記ヒートポンプから排出された前記循環液とを前記熱供給部に供給し、前記熱供給部から排出された前記循環液の一部を前記ヒートポンプに供給すると共に前記熱供給部から排出された前記循環液の残部を前記循環液貯留タンクに返流するピーク運転モードと
に前記循環液の流路を切替可能とする流路切替機構を備える
ことを特徴とするヒートポンプシステム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT