「跳ね返り水の無い、臭い止め構造」を有する排便アシスト吸引式水洗トイレシステム

開放特許情報番号
L2021001729
開放特許情報登録日
2021/11/16
最新更新日
2021/11/16

基本情報

出願番号 特願2020-106646
出願日 2020/6/21
出願人 若田部 勝
登録番号 特許第6943529号
特許権者 若田部 勝
発明の名称 「跳ね返り水の無い、臭い止め構造」を有する排便アシスト吸引式水洗トイレシステム
技術分野 土木・建築
機能 環境・リサイクル対策
適用製品 水洗トイレ技術
目的 洗浄水を流しながら排尿する方式の立位小便において、排尿が終了して、毎回、後洗浄プロセスで再び大量の水を流して洗浄することは無駄であり、消費水量が多くなることを解決する。吸引式トイレに「跳ね返り水の無い、臭い止め構造」を導入する。
効果 男性の小便プロセスでは加水回数を少なくしたことで節水を行い、また、立位排尿を吸引気流の中で行うことで、感染症に陽性のトイレ使用者の微小な尿水滴(エアロゾル)がトイレ室内に飛散して漂い、トイレ室を汚染することを防止する効果を持ち、現状の男子専用トイレの立位小便専用器を介して感染病原菌やウイルスが蔓延拡大することを防止する。
大便の接触痕の剥離洗浄に高圧水スプレーを使用したことと、均一洗浄水を間欠的に流すことで著しい節水効果を得た。
技術概要
本願の吸引式水洗トイレ装置の構成は、便器と便座と、汚物処理装置と汚物液排出配管から成り、便器と汚物処理装置の間を汚物液排出配管で接続しており、汚物処理装置の減圧室には電動モーターの回転軸に吸引手段が設置され、汚物液溜まり槽が減圧室の下部で隔壁を介して設置されており、汚物液溜まり槽の壁に設置した電磁排出弁が開かれると汚物液が汚物液排出配管に自然流出され、排出気流と合流して汚物液排出配管から下水管に汚物液を排出する構成から成っており、
便器ボウルエッジの先端の内部に埋設された高圧洗浄水ノズルから高圧水スプレー洗浄するための高圧洗浄水ノズルを備え、便器内壁のほぼ全面を均一に洗浄水を流して洗浄する低水圧の均一洗浄水が供給される配管を便器リムの内側に備えており、
「跳ね返り水の無い、臭い止め構造」が、排便時や排尿時に均一洗浄水が間欠的または連続で流れている便器ボウルの排出口に傾斜管が接続されており、
浅い水深で水が流れている傾斜管の内壁底に大便や立位の小便が落下する形態で「臀部に跳ね返る水」を生じることは無い「臭い止め構造」を形成しており、
「跳ね返り水の無い、臭い止め構造」を持つ排便アシスト吸引式水洗トイレシステム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 若田部 勝

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT