干渉光生成素子及び干渉イメージング装置

開放特許情報番号
L2021001680
開放特許情報登録日
2021/11/8
最新更新日
2021/11/8

基本情報

出願番号 特願2019-184599
出願日 2019/10/7
出願人 国立研究開発法人情報通信研究機構
公開番号 特開2021-060283
公開日 2021/4/15
発明の名称 干渉光生成素子及び干渉イメージング装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 干渉光生成素子、及び、その干渉光から複素振幅画像を生成する干渉イメージング装置
目的 構成が簡易な干渉光生成素子及び干渉イメージング装置を提供する。
効果 構成が簡易な干渉光生成素子及び干渉イメージング装置を提供することができる。
技術概要
入射光から干渉光を生成するコモンパス型の干渉光生成素子であって、
前記入射光の一部を反射し、残りの前記入射光を通過させる光波分離素子と、
前記光波分離素子を通過した入射光を位相変調する位相変調素子と、
前記光波分離素子で反射された入射光と重なるように、前記位相変調素子で位相変調された入射光を反射する反射部材と、
を備えることを特徴とする干渉光生成素子。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT