標的核酸検出用オリゴヌクレオチド及びその用途

開放特許情報番号
L2021001650
開放特許情報登録日
2021/11/5
最新更新日
2021/11/5

基本情報

出願番号 特願2020-152324
出願日 2020/9/10
出願人 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2021-141882
公開日 2021/9/24
発明の名称 標的核酸検出用オリゴヌクレオチド及びその用途
技術分野 食品・バイオ
機能 検査・検出、材料・素材の製造
適用製品 標的核酸検出用オリゴヌクレオチド及びその用途
目的 標的核酸を特異的に検出するための手段を提供する。
効果 標的核酸を特異的に検出できるオリゴヌクレオチド及びその用途が提供される。標的核酸、中でも耐熱性真菌の簡便、高感度な検出が可能である。食品製造時に実施することで、加工・流通後における耐熱性真菌の食品汚染を未然に抑制することが期待できる。
技術概要
標的核酸の塩基配列のうち、非標的核酸の対応配列と比較して少なくとも2つの異なる塩基を含む部分と相補的な塩基配列を有し、
少なくとも1つの修飾塩基を有する、
標的核酸検出用オリゴヌクレオチド。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT