圧電材の製造方法および圧電材

開放特許情報番号
L2021001627
開放特許情報登録日
2021/11/2
最新更新日
2021/11/2

基本情報

出願番号 特願2018-241751
出願日 2018/12/25
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2020-102599
公開日 2020/7/2
発明の名称 圧電材の製造方法および圧電材
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 圧電材の製造方法および圧電材
目的 媒体中に圧電粒子の鎖状の配向が形成され易くなることで圧電性能を向上させることが可能な圧電材の製造方法および圧電材を提供する。
効果 媒体中に圧電粒子の鎖状の配向が形成され易くなることで圧電性能を向上させることが可能な圧電材の製造方法および圧電材を提供することができる。
技術概要
未硬化の液状ゴムと、圧電粒子とを混合させて圧電材を製造する圧電材の製造方法であって、
型枠のキャビティに前記液状ゴムを供給する供給工程と、
前記供給工程に前後して、前記液状ゴムに対して前記圧電粒子を混合して混合物を作製する混合工程と、
前記混合物に対して所定の電圧の電場を印加する電場印加工程と、
前記混合物における前記液状ゴムに対して前記圧電粒子を相対的に移動させることで前記圧電粒子の沈降を解消させる沈降解消工程と、
前記電場印加工程および前記沈降解消工程に先立って所定時間実施されて前記液状ゴムの粘度を所定だけ増加させる第1粘度増加工程と、
前記沈降解消工程を実行した後に実施され、少なくとも前記電場印加工程と同時に実行するタイミングを有すると共に、液状ゴムの粘度を増加させる第2粘度増加工程と、
を備えることを特徴とする圧電材の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT