立体画像表示装置及び立体画像表示方法

開放特許情報番号
L2021001620
開放特許情報登録日
2021/11/2
最新更新日
2021/11/2

基本情報

出願番号 特願2010-154618
出願日 2010/7/7
出願人 国立大学法人東京農工大学
公開番号 特開2012-018245
公開日 2012/1/26
登録番号 特許第5439686号
特許権者 国立大学法人東京農工大学
発明の名称 立体画像表示装置及び立体画像表示方法
技術分野 情報・通信、電気・電子、生活・文化
機能 機械・部品の製造
適用製品 立体画像表示装置及び立体画像表示方法
目的 従来に比して、フラットパネルディスプレイに必要な解像度を低下させることができるようにする。
効果 従来に比して、フラットパネルディスプレイに必要な解像度を低下させることができる。
技術概要
フラットパネルディスプレイに順次設定した右眼用の画素群と左眼用の画素群からの出射光を、前記フラットパネルディスプレイの前面に配置したレンチキュラレンズ又はパララックスバリアを介して出射し、右眼用及び左眼用の視点群を形成して多視点の立体画像を表示する立体画像表示装置において、
前記レンチキュラレンズの同一のシリンドリカルレンズ、又は前記パララックスバリアの同一の開口を介して視点群を形成する右眼用の画素群と左眼用の画素群との間に、前記同一のシリンドリカルレンズに隣接するシリンドリカルレンズ、又は前記同一の開口に隣接する開口を介して視点群を形成する右眼用の画素群と左眼用の画素群を設定した
ことを特徴とする立体画像表示装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 国立大学法人東京農工大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT