時分割多元接続方式による無線通信システム及び無線通信方法

開放特許情報番号
L2021001577
開放特許情報登録日
2021/10/21
最新更新日
2021/10/21

基本情報

出願番号 特願2019-076967
出願日 2019/4/15
出願人 学校法人金沢工業大学
公開番号 特開2020-178156
公開日 2020/10/29
発明の名称 時分割多元接続方式による無線通信システム及び無線通信方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 時分割多元接続方式による無線通信システム及び無線通信方法
目的 伝送帯域の消費及び製造コストを抑制できる時分割多元接続方式による無線通信システム及び無線通信方法を提供する。
効果 伝送帯域の消費を抑制できると共に、制御メッセージを送受信するための回路が不要になるので製造コストを抑制できる。
技術概要
親機と複数の子機とが無線通信ネットワークを介して相互に信号を送受信する時分割多元接続方式による無線通信システムにおいて、
前記子機が人工衛星から送信される衛星信号を受信する衛星信号受信器を備えており、
前記子機に時分割多元接続方式のタイムスロットを割り当てておき、
前記子機が前記衛星信号に含まれる時刻情報に基づいて自己に割り当てられている前記タイムスロットで前記親機に対して信号を送信することを特徴とする時分割多元接続方式による無線通信システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT