鉄道用のレールの摩擦係数測定方法及び測定装置

開放特許情報番号
L2021001551
開放特許情報登録日
2021/10/18
最新更新日
2021/10/18

基本情報

出願番号 特願2019-026527
出願日 2019/2/18
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2020-131864
公開日 2020/8/31
発明の名称 鉄道用のレールの摩擦係数測定方法及び測定装置
技術分野 輸送、土木・建築、情報・通信
機能 検査・検出、機械・部品の製造
適用製品 鉄道用のレールの摩擦係数を測定するための方法及び装置
目的 レール頭部の頭部R部における摩擦係数を、長区間にわたって連続的かつ安定的に取得することができるレールの摩擦係数測定方法及び測定装置を提供する。
効果 レール頭部の頭部R部における摩擦係数を、長区間にわたって連続的かつ安定的に取得することが可能となる。
技術概要
鉄道用レールの頭部R部における摩擦係数を該レールに沿って測定する方法であって、
回転軸を含む断面を台形とする円錐台形状を有し回転自在に支持された接触車輪と、前記接触車輪の前記回転軸を構成する軸部材と、前記軸部材に取り付けられた荷重検出器と、を含む摩擦力検出機構を用いて、
前記摩擦力検出機構の自重を前記接触車輪の傾斜側面を介して前記頭部R部に負荷しつつ前記軸部材を前記レールに沿って移動させ、前記接触車輪の従動回転に伴って前記荷重検出器で連続的に検出される前記軸部材の伸長方向に作用する力の検出値に基づいて、前記レールの前記頭部R部における摩擦係数を算出することを特徴とするレールの摩擦係数測定方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT