止水構造及び止水方法

開放特許情報番号
L2021001546
開放特許情報登録日
2021/10/18
最新更新日
2021/10/18

基本情報

出願番号 特願2019-026689
出願日 2019/2/18
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2020-133194
公開日 2020/8/31
発明の名称 止水構造及び止水方法
技術分野 土木・建築
機能 安全・福祉対策
適用製品 地下構造物の内部への漏水を止水する止水構造及び止水方法
目的 地下構造物の目地部から地下構造物の内部への漏水を止水する止水構造において、漏水量を低減することができる止水構造を提供する。
効果 地下構造物の目地部から地下構造物の内部への漏水を止水する止水構造において、漏水量を低減することができる。
技術概要
第1コンクリートよりなる第1壁部と、前記第1壁部と隣り合い且つ第2コンクリートよりなる第2壁部と、を備えた地下構造物における前記第1壁部と前記第2壁部との間の第1目地部から前記地下構造物の内部への漏水を止水する止水構造において、
前記第1壁部、前記第1目地部及び前記第2壁部を覆うことにより、前記第1壁部、前記第1目地部及び前記第2壁部との間に、水を貯留する第1貯留空間を形成する第1覆い部と、
前記第1貯留空間に貯留される水を充満する充満部と、
前記第1貯留空間に貯留されている水の水圧が予め定められた上限値以下になるように調整する調整部と、
を有する、止水構造。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT