骨処置用器具

開放特許情報番号
L2021001510
開放特許情報登録日
2021/10/11
最新更新日
2021/10/11

基本情報

出願番号 特願2019-023146
出願日 2019/2/13
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 特開2020-130214
公開日 2020/8/31
発明の名称 骨処置用器具
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造
適用製品 骨処置用器具
目的 ピン状部材を患者の骨に対して正確な位置及び方向で容易に挿入することができ、簡素な構造で使用し易い骨処置用器具を提供する。
効果 ピン状部材を患者の骨に対して正確な位置及び方向で容易に挿入することができ、簡素な構造で使用し易い骨処置用器具を提供することができる。
技術概要
患者の骨に挿入されるピン状部材が挿通され、前記ピン状部材の骨への挿入方向をガイドする筒状のガイド部と、
長手方向を有し、前記ガイド部が固定される本体部と、
前記本体部にスライド移動自在に連結されるとともに、前記ガイド部が延びる方向と前記本体部の前記長手方向とを含む面として規定される面に沿って延びて前記ガイド部の位置を指標する指標部と、
を備えていることを特徴とする、骨処置用器具。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2021 INPIT