熱音響機関

開放特許情報番号
L2021001493
開放特許情報登録日
2021/10/8
最新更新日
2021/10/8

基本情報

出願番号 特願2016-065846
出願日 2016/3/29
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2017-180920
公開日 2017/10/5
登録番号 特許第6700902号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 熱音響機関
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 熱音響機関
目的 原動機にて加熱器と冷却器との間の温度差の低減を良好に抑制して、原動機にて音波を適切に増幅し、更には、当該増幅した音波により電力発生機にて良好に電力を発生できる熱音響機関を提供する。
効果 原動機にて加熱器と冷却器との間の温度差の低減を良好に抑制して、原動機にて音波を適切に増幅し、更には、当該増幅した音波により電力発生機にて良好に電力を発生できる熱音響機関として、有効に利用可能である。
技術概要
作動媒体が充填され音波が伝播する音響筒に、前記作動媒体を外部から加熱する加熱器と前記作動媒体を外部から冷却する冷却器と前記加熱器と前記冷却器との間で音波を増幅する再生器とから成る原動機を少なくとも1つ設けると共に、音波の振動から電力を発生させる電力発生機を設ける熱音響部を少なくとも1つ以上備える熱音響機関であって、
前記電力発生機は、前記音響筒内での前記作動媒体の流動を減衰する流動減衰機構を備え、
前記音響筒の筒軸心方向において、前記原動機の前記加熱器側の近傍に、前記電力発生機を備え、
前記電力発生機は、前記音響筒の筒軸心方向において、前記原動機の前記加熱器側の近傍で、且つ前記加熱器から前記音波の1/4波長と半波長の整数倍の距離離れた位置に備えられている熱音響機関。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT