対話システムおよびプログラム

開放特許情報番号
L2021001470
開放特許情報登録日
2021/10/5
最新更新日
2021/10/5

基本情報

出願番号 特願2019-173551
出願日 2019/9/24
出願人 学校法人早稲田大学
公開番号 特開2021-051172
公開日 2021/4/1
発明の名称 対話システムおよびプログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 ユーザとの音声対話のための処理を実行するコンピュータにより構成された対話システムおよびプログラム
目的 システムの応答性を向上させることができ、衝突の発生を回避または抑制しつつ、不要に長いシステムの交替潜時の発生を回避または抑制することができる対話システムおよびプログラムを提供する。
効果 システムの応答性を向上させることができ、衝突の発生を回避または抑制しつつ、不要に長いシステムの交替潜時の発生を回避または抑制することができる。
技術概要
ユーザとの音声対話のための処理を実行するコンピュータにより構成された対話システムであって、
ユーザ発話の音声信号を取得する音声信号取得手段と、
音声認識処理手段と、
システム発話の開始タイミングを検出する処理を実行するシステム発話タイミング検出手段と、
システムの次発話の内容データを取得または生成する準備処理を実行する次発話準備手段と、
システム発話タイミング検出手段によりシステム発話の開始タイミングが検出された後に、次発話準備手段による準備処理で得られた次発話の内容データを用いて、システム発話の音声信号の再生を含むシステム発話生成処理を実行する発話生成手段と
を備えたことを特徴とする対話システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 本件は、『早稲田大学技術シーズ集(問合NO.2230)』に掲載されている案件です。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT