爪水虫用貼り薬

開放特許情報番号
L2021001453
開放特許情報登録日
2021/10/13
最新更新日
2021/10/13

基本情報

出願番号 実願2019-000406
出願日 2019/2/6
出願人 可知 康彦
登録番号 実用第3222259号
特許権者 可知 康彦
発明の名称 爪水虫用貼り薬
技術分野 化学・薬品、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 爪水虫用貼り薬
目的 製品シートの打ち抜きサイズを集約出来て、効果的に機能する外用抗真菌剤が用いられる爪水虫用貼り薬を提供する。
効果 薬品が製品シートの端部には存在しないので、周囲の健全組織が薬品により影響を受けることを防止できるという利点がある。薬品をマイクロカプセル化したものは、成分を密閉状態にして保持するので、薬品の経時変化を抑えて本来の性能を長く維持できる利点がある。
技術概要
爪水虫用の外用薬を貼り薬の形態で適用する場合において、その薬品成分を爪に貼る最終製品の全面ではなく限定された部分、例えば中央部分にだけ配置した貼り薬。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 可知 康彦

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT